聖書

パリサイ人の闇と所作
パリサイ人との対話ですが、ユダヤ人近くにいた(会衆)も会話に参加し、信じるものもいれば、殺そうとするものもいる。
光と闇を強調する福音書
本日は、愛餐式礼拝です。緊急事態宣言が続く中、「もしかすると」という思いを避けるため、集まることをしないで続けてきました礼拝。その中で1か月ぶりにライブで顔会わせする兄姉の集う礼拝。 今日も皆さんと交流を持ちたいと思います。 パンとブドウジュースをご用意ください。 聖書箇所:ヨハネによる福音書8章12節〜20節...
あなた方の中で罪がないものが、
新約聖書の中でもよく知られているお話です。ヨハネはなぜこの記事を書いたのでしょう。イメージを膨らませて読んでみますと再発見が多い箇所でした。
仮庵の祭 その4
仮庵の祭の最終日。 イエスさまは、エルサレムにて「遣わされたもの」と言い、わたしを信じるものは渇くことがない、と言われます。 されど宗教指導者は、戸惑う人を見て「律法を知らない民は呪われている」と話します。
仮庵の祭 その3
令和3年5月23日(日)はペンテコステ(ラテン語)の日です。またユダヤの祭りで五旬節(シャブオット)となります。 イエスさまの時は、祭りとも関連しつつ進んでいきます。まさに聖書の通りと言えます。この日からイエスさまの教えは世界へと広がっていきます。イエスさまをメシアと信じる人々(教会)が集まります。
仮庵の祭 その2
先週の続きとなる「仮庵の祭」時のことです。イエスさまは、父なる神さまに遣わされたものと話します。 ユダヤの人々は、ユダヤ人(議員・宗教者)に気兼ねして民衆の心は揺らぎます。
仮庵の祭で
2021年5月9日聖日、愛餐式礼拝です
御顔をエルサレムに向けるとき
いよいよ、エルサレムへと向かわれるイエスさま。 これから何が起きるのかをご存知であるがゆえに、 地上にいるあいだに、 全身全霊にて 弟子たちに多くのことを伝えようとされる。 いま、私は大手会社企画の、生命保険付帯サービスとして「フィーチャー・メッセージ」という企画をすすめている。つまり生きた証を映像で言葉を残すものです。...
イエスの兄弟による思惑
4月25日(日)、本日の収録はお休みさせて頂きます。 そのかわりにテキストを掲載します。 ただ読むのではなく、聖書と文脈を熟読し、皆様の信仰生活のプラスとして下さい。 皆様のため、覚えてお祈り致します。 中澤竜生
ボッシュて手掛けた宣教に関する本、その本を通して学んでいる。

さらに表示する