癒し、悪霊の追い出しの繰り返しです。 心から喜ぶ人、一方でパリサイ人はイエスの行動に邪揄する。
久々に、SNSを介してサンデーサービスを行います。参加される場合は、パンと葡萄ジュースを準備ください。
今回は会堂管理者からの要望があって、危篤状態の娘(12歳)のところに行く途中に起きた奇蹟。 ユダヤ社会においては、共同体に決して入れない孤独に満ちた女性のおはなしです。「あなたの信仰があなたを癒した。安心していきなさい。」多くの人の中で宣言されたイエスさまの尊いことば。
ガリラヤ湖の対岸に渡られたイエスの一行。そこは異邦人の地であった。 そしてゲラサの村へ向かう途中、悪い霊に憑かれた男性二人が鎖に繋がれていた。イエスは早速、その二人と対峙する。
今年はコロナの影響により、積極的な集まりはしないで、zoomを介して開催します。テーマは、貧困と対立と和解です。宮城県で起きている現状を講演していただきます。 事前申込みが必要です。QRコードより申込みしていただき参加となります。 コロナ感染の状況によっては変更もありますので申込みをよろしくお願いします。
この日、イエスさまにとって多くの出来事が起こる。それはベルゼブル論争から始まり、弟子たちには奥義を示され、会衆には譬えを持ってのみ話される。ここからは、弟子たちへの信仰、教育をされる。
日本の文化では、ちょうどお盆の時期です。キリスト教において、お盆とお祭りとはどのように受け止め、関わっているのか。私の場合は、偶像礼拝であると教わり、厳しいお沙汰が下されたのだが、それが、自身の生き方にどのような変化をもたらしたのか? この時期だからこそ考えてみたい。
⬆️ 上記クリックで視聴可能 ⬆️
第2波とも思われるコロナ感染拡大状況。本部から大切な文章が届いた。

さらに表示する