↑ 上記をクリックしますとYouTubeに移動して観ることが出来ます。
五千人の給食のあと、弟子たちを船に乗せ向こう岸へと向かわせる。その際に起こる嵐。そこで次の奇蹟が行われる。
五千人の給食より、会衆の思いが見えてくる。一方、弟子たちはイエスをメシアと理解出来ない様子がうかがえる。
祈りはクリスチャンとして生きる糧。 秘密を守り、互いに祈り合いましょう。
11月第2日曜日。月日の経つのが早いですね。センターでは月に1回の愛餐会とライブとなります。
聖書に登場する中で、最も優秀な預言者ヨハネ(イエスさまはそのように告白をする)、ヘロデ王もヨハネを認めていた。そのヨハネは、イエスの弟子たちを派遣する中、この世を去った。
夜7時よりSNSを活用して祈り会を致します。
自分の十字架を担うとは、いったいどう言う意味だろうか。 派遣される、弟子たちに向けられた言われたイエスさまのことば。 当時の事を思いつつ、初代教会に残したマタイの文章とその思い。そして、私たちの時代向けて、この御言葉を一週間味わいたいと思います。
平和ではなく剣をもたらすために来た、とはをお話しします。 分断ではなく、愛によって繋ぐメッセージです。
本日も、zoomを活用し祈り会を行います。

さらに表示する