72人を派遣する
ユダヤ地方に、弟子たちを派遣する。その数は72名。 イエスさまが喜ばれる働きをする。
群れのために死ぬ
混乱(戸惑う人たち)
決めつけられた人生
Ⅰ、決めつけられた人生 1,盲目で生まれたのは、誰が罪を犯したのか。自分か、あるいは両親か。(闇) A, 聖書では、モーセの教えで次のみことばが書いてあります。 出エジプト記34章6,7節  6 【主】は彼の前を通り過ぎるとき、こう宣言された。①「【主】、【主】は、②あわれみ深く、情け深い神。怒るのに遅く、③恵みとまことに富み、7...
パリサイ人の闇と所作
パリサイ人との対話ですが、ユダヤ人近くにいた(会衆)も会話に参加し、信じるものもいれば、殺そうとするものもいる。
光と闇を強調する福音書
本日は、愛餐式礼拝です。緊急事態宣言が続く中、「もしかすると」という思いを避けるため、集まることをしないで続けてきました礼拝。その中で1か月ぶりにライブで顔会わせする兄姉の集う礼拝。 今日も皆さんと交流を持ちたいと思います。 パンとブドウジュースをご用意ください。 聖書箇所:ヨハネによる福音書8章12節〜20節...
あなた方の中で罪がないものが、
新約聖書の中でもよく知られているお話です。ヨハネはなぜこの記事を書いたのでしょう。イメージを膨らませて読んでみますと再発見が多い箇所でした。
仮庵の祭 その4
仮庵の祭の最終日。 イエスさまは、エルサレムにて「遣わされたもの」と言い、わたしを信じるものは渇くことがない、と言われます。 されど宗教指導者は、戸惑う人を見て「律法を知らない民は呪われている」と話します。
仮庵の祭 その3
令和3年5月23日(日)はペンテコステ(ラテン語)の日です。またユダヤの祭りで五旬節(シャブオット)となります。 イエスさまの時は、祭りとも関連しつつ進んでいきます。まさに聖書の通りと言えます。この日からイエスさまの教えは世界へと広がっていきます。イエスさまをメシアと信じる人々(教会)が集まります。
仮庵の祭 その2
先週の続きとなる「仮庵の祭」時のことです。イエスさまは、父なる神さまに遣わされたものと話します。 ユダヤの人々は、ユダヤ人(議員・宗教者)に気兼ねして民衆の心は揺らぎます。

さらに表示する