まごころから拝する。
先週から続き、仙台宣教センターの方針を語っています。まごころをもってを語ります。
仙台宣教センター 未来に向けて
2021年10月10日午前0時よりご視聴できます。
これからの仙台宣教センター
2021年10月、全国的に感染者が減りました。なぜ、こんなに減少したのかは理解出来ませんが、政府はきっと緊急事態宣言を行い、ワクチン接種が進んだことによりと言われるでしょう。ですが専門家の意見は第6波が必ず来ると言っています。コロナ禍となって2年。私たちは今までを今までのように過ごせない、生き方に変化が与えられました。それは決してマイナスではなかった。そこで、センターも今後を検討して新しい事に挑戦しようと思います。そのために活動理念をここに記したいと思います。 ご理解と応援をよろしくお願いします。
自分から語る人は・・・
ヨハネによる福音書7章11節〜18節よりお話しを致します。 公開は6時〜です。
地の塩となる〜福音と福祉の「双福」〜
塩釜聖書バプテスト教会が始めたフードバンクの活動について、取り組みを始めた経緯、具体的な活動内容、教会が社会的な課題に取り組む意味などについてお話しされる予定です。
2021年9月19日10時30分〜 Facebookにてライブ礼拝を流します。 https://m.facebook.com/ronsyonjp 宜しければ、上記をクリックしてご参加下さい。
第2日曜日、ライブ愛餐式礼拝でした。 パウロに関するお話しです。 どのようなときでも、信仰を貫く姿勢を読み取ります。
ベルゼブル論争は、宗教者とイエスさまとの論争です。 論争と言っても、宗教者が、声を出す事ができない悪霊つきとされる人が癒され、 悪霊が去り、声を出せることになった事に喜べない人たちとの論争です。 イエスさまに対する嫉妬と毛嫌いが荒立てる行為となる。
祈り続ける
クリスチャンとは、祈り続ける存在です。そして、 どこに向かって祈るのかも明確です。 例え話で、友人であっても求めれば、 よくよく考えて、返答してくれます。 なおさら、神さまは、 祈り続ける、私たちに応えてくださる。 だから、何よりも「聖霊」を求めるものには、 聖霊が・・・・・。 今日も良い日でありますように。
善きサマリヤ人

さらに表示する