牧師室

伝道についてのつぶやき
伝道をどのようにするのかについてのお話は前回の動画で少しは理解して頂けたかと思います。その方法はと聞かれますと、ここ一番と思った時に「押してみる」のが良いかと思います。と、言いますが、そんなに構えなくても大丈夫です。伝道は自然体が一番です。人と話す場合、自分の思う事をすべて伝える事ができ、理解までされたら定的です。ですが、多くはそうならない。身勝手に話し続けると流されているのが日常ですね。やはり大切な事を伝えるには、先ずは伝えたいことを考えて、どのようにして話しをするのかイメージする。後は機会をまって聞いてもらえるように整えるでしょう。そんな関係が必要ですね。これは伝道なんていう手法では無く、日常に使うあなたの伝達で良いのです。 人は要求し、要求されるものです。また会話がなければさみしい生活になるでしょう。そのような日常茶飯事に何気なく気持ちを伝えるのが伝道だと考えています。いや「伝道」と言う言葉はいらないかなぁ。 大切な人には声を掛けるし、相手を理解するために興味を持ち話しをするでしょう。それに自分を知ってもらうために思いを聞いてもらうでしょう。その会話に聖書の話が出ることはごく自然のことですね。それで会っていなくても大切な人の為に祈る。あるいは祈り合う事があればステキですね。イエスさまはそれを見て良しと言って下さる。 さり気なく、魅力のあるクリスチャンとして今日も過ごしてみましょう。
主イエス様についていくこととは
三人のユダヤ人が、イエスさまの弟子になりたいと話をします。ですが、三者三様の思いで伝えますが、その心を見抜かれます。自身の弟子となることを拒むことはありませんが、各事情とイエスさまの弟子となることとはの行く末に気付かなかったと言えます。それと、他の弟子たちの違いはどこにあるのかを考えてほしい。
自分の兄弟を心から赦しなさい
塩気を保ち、互いに平和に過ごしなさい。
本日はイースターですね。復活されたイエスさまを覚えおめでとうございます。 センターでは、福音書を時系列で聖書のお話しをしております。弟子たちに向けて語られた言葉をしっかりと覚え、日常に生かしたいと思います。
カペナウムにて起きた二つの出来事
再生から2分後に始まります。
彼の言うことを聞きなさい。
日本キリスト教団石巻栄光教会でご奉仕した時のメッセージ収録です。
2021年3月14日(日)SundayService
10時より 愛餐会あり(パンとブドウジュースをご用意ください)
悪霊憑きの少年を癒す
今回の聖書箇所は悪霊が取りつく記事となる。 子どもが長い間、常軌を逸する動きに戸惑い苦しみます。 イエスを慕う弟子たちも信仰によって癒し、悪霊憑きからの解放をしてきた経験もあるのだが、 今回は状況が違うようだ。 現代で、日本ではみることがない世界だと思うだろうが、 実は、ごく稀だが家族しか知らない「闇」があることも事実です。...
彼の言うことを聞け Part2
「聞く」ことの大切さ、聞いたことを整理するタラント。 その両方のことが当時の人々には欠けていた。 とは言え、私たちも、今回のMessageを心にとどめておく必要がある。 そこで「聞く」意識をもち、聞いたことで、話しの整理ができる訓練が必要。
2021年2月21日(日曜日)、主イエスさまの復活された曜日。 私たちは、この日を聖日と言っています。 復活された曜日に、週の初めに聖書のみことばを訊く。 大切な時間を共有したいと願います。

さらに表示する