29日 3月 2018
21日 3月 2018
3月21日(水) みぞれ降る午後、長野県飯田市から岩崎豊稔氏とひとみさんご夫婦、娘さんの優香さんが当所に来て下さった。 少しの時間ですが、交流の時間を持つことができました。 同じ教団の誼として、何かホッとするひと時でした。 優香さんは、仙台で仕事との事、またお目にかかれると良いなぁと思いつつ 秋保に旅たつ家族を見送りました。
03日 3月 2018
中学校時代からよく知る「姉妹」。 難しい病と向き合いながら、明るく、社会に貢献しつつ過ごしている。 姉妹の日常に欠かせないのが、 イエス・キリスト様です。 どんな時にでも、向き合う姿の背景には「信じる」と「祈る」がある。 それに加えて、「一人ではない」という強力な相手が備えられた。 姉妹は仙台市から離れ、埼玉県に移り住む。...
17日 2月 2018
「むしろ、あなたがたを召された聖なる方に倣い、あなたがた自身、生活のすべてにおいて聖なる者となりなさい。」 第1ペテロ1章15節 特に「あなた方を召された聖なる方に倣い」と書いています。「聖」という「格」を持たれる方は、イエス様であり、聖霊を指します。この方に倣う事を勧めています。 「倣う」とは何を指しているのでしょう。 1、聖書...
11日 2月 2018
久し振りに山形から義道夫婦が孫(叶恵)と一緒に帰宅した。 山形で働く様子などの話がされ参加者と共に喜んだ。 礼拝では聖餐式もあり、共にイエス様の御業を喜び、感謝した。 その後は「いこいのみぎわ教会」にも挨拶に行き、 共に喜ばれたとの事でした。 案の定、その夜は「夜泣き」でしたが、 多くの方と顔を合わせる事ができたのは幸いでした。
聖書 · 09日 2月 2018
さて、来年の継続で、本日(2018年2月11日)から「使徒の働き」を通して当時のクリスチャン像を考察しようと思います。 特にサウロ、後のパウロの動向を考察することは、「クリスチャン」である事の大きな導きとなります。 そこで使徒の働き9章から始めます。...
聖書 · 09日 2月 2018
前回(2018年2月4日)のテーマは「主の御心を求めて」でした。御心を求める上で大切なのは「まことの礼拝」であり、2つの姿勢を取り上げました。① 心に祭壇を築き、日々主の御前に出て礼拝を捧げるです。② 1人ではなく、「集まって」礼拝を「聖日」に捧げる事です。 先週の問いによる応答は次の通りです。...
告知 · 08日 2月 2018
エルサレムの平和のために祈る。と言う事は、詩篇122篇6節に書かれているメッセージからきています。「平和」は私たちが切望する大切な生き方です。是非とも覚えてご一緒に祈ることが出来ればと思います。

さらに表示する